HOME > 旅行記一覧へ 





工事中







ちょっとしたいきさつで岩手旅行に行くことになった。今回は岩手県限定の旅です。「岩手」ってどこに行きたいかなぁ?と考えてみた。あっ、「田沢湖!」調べてたら秋田だった。あっ、「気仙沼!」調べたら宮城だった。よく考えたら東北方面の地理にとてもウトイことに気がついた。(笑) まずは地図を眺めてどこからどこまでが岩手県なのか確認する。

岩手県の地図を眺めているとある文字が目に飛び込んできた。「前沢」 おぉ〜前沢って岩手県だったのね。ってことは前沢牛が食べれるってことね。という訳で食いしん坊のぺこちゃんは、まず最初に「前沢牛」のリサーチから始めた。(笑) 
前沢牛を現地で食べるのって実は以前からのちょっとした憧れなんです。「ご当地肉」なんて言い方があるのかどうかはわからないけど、実は結構そうゆうのが好きなのです。松阪牛、神戸牛、飛騨牛などなど・・・・まっ、スタンプラリーみたいなもの?(笑)

それと前から釜石に行ってみたいと思っていたんです。「橋上市場」という珍しい市場があって、その中にある「まんぷく食堂」にとっても興味があったのです。

さらに思いつくのはやっぱり「わんこそば」、これもずっと憧れだったものです。盛岡といえば、「冷麺」と「じゃじゃ麺」も忘れてはいけませんね。ということで食べたい食べ物は次々と浮かんだ。(笑)

いつものように食べ物が先に浮かび、それを「いかに効率よく結ぶか」が最大の難関?です。(笑)

さてどんな日程で回ろう。盛岡を基点に考えてみた。やっぱり往復は新幹線が楽チンです。まずはお得な切符を探してみた。JR東日本のHPをみると、「秋の行楽シーズンはを東北の旅を」といった感じで東北方面の情報がいろいろ載っている。お得な切符もいろいろあってその中で「たび割7きっぷ」という物が目にとまった。

この切符を利用すると盛岡までの新幹線が約半額になる。新幹線は意外と高いのでこれはとっても魅力的です。料金は、普通車指定席利用で往復14500円。グリーン車利用でも往復17500円。有効期限は4日間で、行きの新幹線はMAXやまびこ31号が限定。帰りは「やまびこ」「なすの」の好きな時間に利用できるというものです。このMAXやまびこ31号は、東京駅出発がAM6:04分。つまりは早い時間帯の新幹線をできるだけ稼動しようという目的の切符らしい。

今回は予算があまりないので1泊2日で往復は新幹線利用、現地ではレンタカーで移動するプランに決めた。岩手の中で行きたかったのが前沢、三陸沖、盛岡近辺だったので、考えたルートは、1日目に一ノ関に入りレンタカーを借りて、前沢牛をお昼に食べて、一ノ関近辺を観光し三陸方面に抜ける。海沿いのどこかに宿をとり、2日目に三陸沖を観光し盛岡から帰るというものです。

ところが新幹線の指定席発売日である1ヶ月前の日にちょっとのろのろしていたら、第一希望の日にちの出発分はあっという間に埋まってしまった・・・・。さすがに連休の初日は人気があるのね。しかもこの切符は安いので利用者も多いらしい。MAXやまびこ31号だけはあっという間にいっぱいになったもの。仕方ないので出発は翌日ににすることにして、翌日は発売時間早々に指定席をゲット。翌日の指定席もとれて往復の予約は無事に完了した。

次は宿の手配です。今回は海沿いの魚料理が美味しそうな民宿を考えてみた。候補がいくつかあって迷っていると、さらにすごい民宿を発見した。それは前沢牛が格安で食べれる民宿「おっきり」という所です。いろいろ検索してみると泊まった人の感想なんかもヒットした。なんでも宿の施設はとりたてて凄くはないけれど、料理のボリュームが凄いらしく、しかもとても美味しいらしい。その日に仕入れた食材によってメニューはいろいろ変わるらしいが、基本料金の5985円でほとんどの日に前沢牛もでるらしい。前沢牛がでない日もあるらしいが、別注の前沢牛料理もとても安い。前沢牛をどうしても食べたくていろいろ調べていたのだけど、結構どこもお高いのよねぇ〜。それならいっそこの民宿にした方がずっとお得に食べられそうだ。でも前沢に宿を取ると2日目のルートがちょっと厳しくなってしまう。三陸沖の海の幸がメインの民宿も捨てがたいし、前沢牛もいっぱい食べたい・・・。あぁ〜食いしん坊には究極の選択になってしまった。(笑)

迷いに迷ってなかなか決めることができない。とりあえず予約状況の確認もあって前沢牛の民宿に電話をしてみた。おかみさんがでたのだけど、このおかみさんがとても感じのいい人だった。部屋は空いているとのことだった。どうしても前沢牛を食べたい時は、その旨伝えたほうがいいと案内してるHPもあったので、前沢牛のことも聞いてみた。前沢牛が食べたくて探していて見つけたことを告げ、夕食には前沢牛がでるのか尋ねてみた。「仕入れの関係でメニューが変わるのでまだわからないけれど、おとうさんに前沢牛を出して欲しいと言っておきます」とのこと。さらにどこかでお昼にでも前沢牛を食べようとも考えていたことも言ってみた。「そんなの高いからやめなさい。メニューにでないようならうちで追加すればずっと安く美味しいものが食べれるよ」とも言っていた。確かにその通りで前沢牛のレストランって高いところが多いのです。それでお店の選択をかなり迷っていた訳で・・・・。さらに運転手さんが貝類が食べれないことも相談してみた。お料理は面倒なので私も貝類抜きの同じメニューでいいことも告げるとまた驚く回答が返ってきた。「でもあなたは食べれるんでしょ?だったらいいものが入った時には別のメニューの方が美味しいものが食べれるわよ」と。。。確かにその通りであまりにも親切でそして明るく気さくな対応にびっくりした。すっかり気に入ってしまいそのまま予約をお願いした。

レンタカーは★ トクー!トラベル ★で予約しました。
トクートラベルは、今までの旅行会社やWEB上のホテル予約システムとは異なり、「空室利用で一泊1200円〜の宿」がキャッチフレーズで空室を有効利用することにより安価が値段を打ち出した旅行会社です。会員登録が必要ですが、会費が無料で使用する時に利用料を払うプランと、会費が有料のさらにお得な料金で利用できるプランがあります。無料会員でも利用価値はかなり大きいです。登録すると送られているメールマガジンにはお得な情報がたくさん載ってきますよ。ここはレンタカーの値段も安いです。しかも利用できるレンタカー会社は数社あり、直接レンタカー会社に予約をするより断然お得です。今回は中でも安かったマツダレンタカーで予約をした。

とりあえずこれで予約は完了したけれど、2日目の日程がちょっと厳しいかなぁ〜。
まっ、ぺこちゃん家は爆走チームだからなんとかなるかな?とすでにかなり爆走の予感です。(笑)


予定している日程はこんな感じです。
1日目 東京 → 一ノ関
レンタカーを借りて厳美渓、猊鼻渓、前沢あたりの観光。どこかの日帰り温泉。
他にも行きたいところがいろいろあるのでまだまだ検討中。
2日目 前沢 → 釜石 → 宮古 → 盛岡 → 東京
この日は釜石で海の幸のご飯、三陸海岸沿いのドライブがメインです。
最後は盛岡で冷麺とじゃじゃ麺のハシゴかな?

いろいろ調べていると行きたいところがどんどん出てきてしまう。今まであまり興味が無かったというか知らなかった岩手県。見所がたくさんあるようです。1泊2日ではなかなか回りきれません。そして食べきれません。できれば2泊3日にしたいのだけど・・・・新幹線がとれないんです。ギリギリまで粘ってみて取れたら2泊3日に変更するかも?
まだまだ流動的な予定だけど、とりあえずこんな計画を立ててみました。




情報収集に利用したサイトの紹介

「こちら岩手ナチュラル百貨店」岩手の旅
 岩手県観光協会のHP。こちらのサイトはかなりの情報量です。
★ トクー!トラベル ★
 宿の予約、レンタカーの予約にはまずはここをチェック
JR東日本
 お得な切符情報、時刻表などの情報はこちらから。観光地域情報なども豊富です。
岩手食べ歩き大百科
 岩手県内の飲食店情報が満載のサイト。
三陸ネット
 三陸方面の情報収集にはこちらが便利です。
銀河系岩手情報スクエア
 岩手県のHP。
盛岡ローカルナビ
 盛岡の情報満載のサイト。
前沢牛協会
 前沢牛についてはこちらへ
民宿「おっきり」
 今回お世話になったお宿のHPです。

岩手旅行記目次へ  旅行記1日目へ 旅行記2日目へ  くまちゃん旅行記岩手編へ

続編東北日帰り旅行で盛岡に寄り道


















岩手県観光協会のHP


HOME > 旅行記一覧へ 



SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO