HOME > 旅行記一覧へ > 北海道2004.09(道東)


Index
09/23
09/24
09/25 09/26






旅行2日目 (写真はクリックすると拡大します)

今日は旅のメインイベント「知床クルーズ」の日です。クルーズは10時からなので、その前に知床五湖の散策です。6時半から朝食を食べて、7時過ぎには出発です。外はあいにくの曇り空です。知床五湖についたのは、7時45分くらい。駐車場には数台の車が止まっていた。まだこの時間はすいていますね。今日は五湖まで回るので、念のため売店で保証金1500円を払って「熊鈴」を借りていきます。鈴を鳴らしながら歩いて行くとなんだかとっても楽しくて、いっぱい鳴らしながら歩いてみた。まるで子供?(笑)

1湖から順番に進んでいくのだけど、ほとんど貸しきり状態。やっぱりここは朝一番に限りますね。曇り空で光が足りないのがとても残念だけど・・・・マイナスイオンをいっぱい浴びながらのトレッキングは楽しかったです。
約1時間かけて五湖まで一周した。一周してもどってくると駐車場には観光バスが10台近く止まっていた。普通車もいっぱいで駐車場は空き待ち状態でした。やっぱり早くきてよかったぁ〜(笑) 

040923-147.jpg 040923-116.jpg 040923-119.jpg
知床五湖の案内図 1湖

040923-124.jpg 040923-125.jpg
2湖

040923-130.jpg 040923-132.jpg
3湖

040923-139.jpg 040923-141.jpg
4湖

040923-144.jpg 040923-146.jpg
5湖


クルーズの集合時間があるので、急いでウトロ市街にもどる。今日のクルーズは「カフェ・フォックス ウトロ観光船」さんにお願いしました。3時間の岬コースに乗船します。乗るのは12人乗りの小型クルーザー「FOX1号」。小回りもきくので迫力満点のクルーズが楽しめるそう。この船はとっても人気があるようです。運転席の横に2人、後方部に6人、船室内に4人座れるのだけど、公平に途中で交代しながら進みます。船には小さいですがトイレもちゃんとあります。

040923-228.jpg 040923-226.jpg
カフェフォックスさん FOX1号

9月になると風が強くなり、欠航する日もあるようです。この日は運よく波も穏やかで予定通りに出航しましたが、岬コースは岬近くはけっこう波が高かったです。波の状態によっては、途中で引き返すこともあるそうです。

さて、いよいよ出航です。海上はとても寒いので、こんなダウンコートも貸してくれます。風をきって爽快に走る様子はとても気持ちがいいけど、かなり寒いです。コートがないとかなり凍えるかも?(笑) 小型のクルーザーはスピードも速くて迫力満点。滝や岩などを見ながら進んでいくのだけど、滝や岩の近くに来ると、岸ギリギリのところを走行します。間近にそんな様子を眺めながらの航海は迫力満点でとても楽しい!クルーザー最高!
途中から天気もとってもよくなり最高のクルーズが楽しめました。

040923-148.jpg 040923-151.jpg
こんなコートを貸してくれます 波しぶきがかっこいい〜


040923-201.jpg 040923-224.jpg
青空で空も山もきれい〜

040923-155.jpg 040923-162.jpg 040923-180.jpg
岩ギリギリまで近づきます 知床五湖の水が湧き出てる所 層雲峡と同じ造りの岩

040923-164.jpg 040923-152.jpg 040923-213.jpg
いろいろな滝が見れます
滝しぶきがかかるくらい近づくところもあって迫力満点!
040923-191.jpg 040923-195.jpg 040923-209.jpg


同じ10時に出航する船は他にもあるのだけど、お互いに連絡を取りながら進んでいきます。この日は、後ろにいた船から連絡があって、熊がいたとのこと。私達の船も急いでその場所にもどります。熊発見の朗報に船内のみなさんは大興奮です。(笑) 波打ち際で小熊がなにやら一生懸命取っている様子。たぶん魚を取っているのでしょうね。3倍ズームの私のデジカメではなかなか熊の写真は難しい。なんとか豆粒状の茶色の物体を捕らえることが出来ました。(笑) 一応、熊だとわかるかな?(笑) 運転手さんが10倍ズームのデジカメを使っているけど・・・目が悪いから小熊を見失ってしまったらしい。残念・・・。でも生熊が見れたからとっても感激でした。

kuma1.jpg

熊がいるのわかるかなぁ?


私達の船は見れなかったけど、前日はすぐ近くにある鱒が登ってくる川で、1日中熊が鱒を取っていたんだって。そんな光景が見れたらきっと感動ものでしょうね。やっぱり知床クルーズって熊遭遇率が高いようですね。春や秋は、一段と遭遇率も高くなるようです。


船はどんどん進み、岬に近い方にやってきました。このあたりは波も高く風も一段と強い。もちろん波しぶきもすごくて、時々さば〜んと船にもかかります。運悪く、うちの運転手さん頭から波をかぶってしまいました。ずぶ濡れ・・・(笑) 途中から船室内に非難しました。知床岬のところで船は折り返します。途中でおーろら号ともすれ違いました。

040923-211.jpg
おーろら号


岬から少しもどったあたりでまたまた熊発見!今度は大きな熊です。2度目の熊遭遇にまたまた船上は大興奮!この辺りは波もけっこう高かったので、揺れる船上からの写真撮影がとっても難しい。私はぜんぜん撮れなくて・・・ところが運転手さんのカメラはしっかりと熊の姿を捕らえていた。さすが10倍ズームの威力が発揮されました。(笑)

kuma2.jpg


帰り道、「ナベ湾」と呼ばれる小さな入り江に船が入っていきます。青くて透明なとても綺麗な入り江です。船が小さいのであんな所にまで入れてとてもびっくり。鱒がいっぱい泳いでいたり、岩にウニがたくさんいました。

040923-216.jpg 040923-220.jpg 040923-221.jpg


ナベ湾からは一路ウトロ港を目指します。途中、熊などに出会うとまた船を止めたりもするそうです。約3時間のクルーズはとってもとっても楽しかったです。割引券利用で7200円とお値段はちょっと高めだけど、アレだけ楽しませてくれるのなら安いものかも〜(笑) 私たちは運よく熊も見れたしね。お客様も大喜びでした。

クルーズも満喫し、そろそろお腹がすいてきた。今日のお昼はウトロで食べることにします。お気に入りの「一休屋」と迷ったけれど、新しいところに行ってみたくて、今日は「潮風」さんにお邪魔します。ご主人が漁師さんなんだそう。焼き魚やイクラ丼が評判のお店です。ラーメンもとっても美味しいらしい。メニューはとても豊富です。気さくな奥さんがとても感じがよかったです。

040923-230.jpg 040923-241.jpg
潮風 鮭親子丼。
こちらは焼き鮭とイクラの丼。

040923-236.jpg 040923-237.jpg
イクラ丼。イクラはプリプリとした食感でたっぷり乗っていた。
今はイクラの時期ですからね。美味しかったです。
つみれ汁がついていたのだけど、これがまたとっても美味しかった。

040923-238.jpg 040923-239.jpg
焼き鮭定食。この焼き鮭がとっても美味しかった。


さて、あまりのんびりもしてられません。先を急ぐことにしましょう。知床峠へ向かいます。ウトロを出発する頃は薄曇りのお天気でした。峠を登っていくとだんだんと視界が悪くなってきた。7合目あたりまでくると、かなりガスっていて前はほとんど見えない状態・・・。もちろん知床峠もご覧のように真っ白け。ここからの眺めを楽しみにしていたお客様もがっかりです。これはリベンジ決定ですね。(笑)

040923-242.jpg 040923-243.jpg 040923-245.jpg
途中から視界が悪くなり・・・ 知床峠 マッカウス洞窟

峠を越えて羅臼にやってきた。こちらの天気ももうひとつ。雨は降っていないけど、どんよりと曇り空。国後島はうっすらと一部分だけ見えていた。マッカウス洞窟にヒカリゴケを見に行ってみたけど、ちょっとしか見えなかった。2年前に来た時はよく見えたのになぁ〜。

道の駅「羅臼」に向かいます。ここでソフトクリームを食べることにした。お友達からもらった「道の駅おやつクーポン」を使わせてもらいます。5人分頂いたので、5個のソフトクリームを無料で頂けました。Sさんありがとう!

道の駅羅臼のソフトクリーム

ここのソフトクリームは、中標津のラ・レトリの生乳で作っています。ミルク味がとっても美味しいソフトクリームです。とっても気に入りました。無料でモカのトッピングもできて、コーヒー好きの人にはとてもおすすめです。クーポンではもらえなったけど、ここに「こんぶソフトクリーム」もあった。なんだかとっても気になるなぁ〜。1つくらいこっちにしてもよかったのかも?(笑)

ここでもうひとつとってもおすすめの物を見つけました。「昆布茶」なのだけど、ここの昆布茶がとっても美味しいのです。無料の試飲コーナーがあって、昆布とお湯とカップがおいてあり、自分で作って飲めるのです。とても美味しかったのでお土産に買ってきました。お客様はこれをお友達のお土産にすると15個も買ってました。(笑) お値段も手ごろでお土産にも最適です。

040923-625.jpg

昆布茶と梅昆布茶 1袋500円


羅臼川で鮭の遡上も見ることができた。みんな一生懸命のぼっていくのですね。写真ではうまく撮れないのが残念だけど、初めて生でみる鮭の遡上はとても興味深かったです。

040923-250.jpg
鮭がいるのがわかるかな?


羅臼は「北の国から」のロケ地にもなった場所です。純の番屋の前で記念撮影をします。ここは純が寝泊りしていた番屋を複製したものです。道の駅のすぐ近くにあります。

040923-254.jpg
純の番屋

今日は天気もよくないので、そろそろ宿の方に向かうことにした。今日のお宿は、養老牛温泉「湯宿だいいち」さんです。とっても評判がいいお宿で、前から一度泊まってみたいと思っていたのです。好き嫌いが多い運転手さんと2人だけだと、なかなかこうゆう宿は選択しないですからね。今回はお客様も一緒だし、ちょうどよかった訳です。(笑)

宿に到着すると、まずはロビーにある大きな囲炉裏の所でウェルカムドリンクを頂きます。とっても開放感のあるスペースで大きな窓からは渓流が見渡せます。とっても居心地のよいスペースです。従業員の方たちもみなさんとても暖かく、そして気持ちがいい接客ぶりです。ここでウェルカムドリンクを飲みながらチェックインを済ませます。夕食の時間も6時、6時半、7時、7時半と好きな時間を選べます。お料理もチョイスするものがあって、この時に好みを伝えておきます。

040923-304.jpg 040923-305.jpg
湯宿だいいち

040923-303.jpg 040923-257.jpg
ロビーの暖炉 ウェルカムドリンク


こちらのお宿は女性客には浴衣を選べるサービスがあるのです。いろいろな浴衣があってとっても迷ってしまいました。(笑) 女性にとってはとても嬉しいサービスですね。

040923-259.jpg 040923-258.jpg 040923-284.jpg
この中から好きなものを選びます 私が選んだ浴衣

040923-618.jpg

巾着袋とその中身

館内にはスリッパはなく、館内で履けるようにとこんな室内履き(たびソックス)が用意されています。もちろんお持ち帰りできます。また、こんな巾着袋も用意されていて、浴用タオルと歯ブラシが中に入っています。こちらもお持ち帰りできるものだけど、巾着袋の内側にはビニールが張ってあり防水効果があってとても重宝します。他にも自由に使えるアメニティグッツが充実していて、気配りがとても行き届いていました。

お部屋タイプはいろいろあって、人数や見晴らし予算によっていろいろ選べるようになっています。5人1部屋だったら、基本料金の12750円でどの部屋も選べたのだけど、部屋は別々にしたかったので、私達が泊まった部屋は、1泊2食付1人12750円で、旧館のなるのかなぁ?部屋は決して新しくはないのだけど、川に面したお部屋でした。3人用は2間続きのお部屋でとても広かったです。2人用のお部屋も10畳のお部屋でとても広かったです。掃除も行き届いているので、とても快適に寛ぐことができました。(詳しいお部屋の案内は宿のHPをご覧ください)

040923-261.jpg 040923-260.jpg
3人が泊まったお部屋 2人が泊まったお部屋

このお宿はなんといっても温泉が素晴らしい。とても広くて気持ちがいいお風呂です。内風呂もとても広くヒノキの香りがとてもよかったです。女性用の露天風呂は、岩風呂がひとつと、川沿いにヒノキ風呂、そしてもうひとつ丸太をくりぬいた木のお風呂がありました。夕食前にお風呂に行ったときは、なんとこの露天風呂が貸切状態。あっちに入ったりこっちの入ったりと、ひとりで満喫してしまいました。(笑)

お風呂にはいって汗を流し、次は夕食です。私たちは大広間で頂きました。他の2組のお客様と一緒ですが、部屋がかなり広いので、とてもゆったりとしたスペースで他のお客様は気にならなかったです。座椅子の上に厚い座布団が敷いてあって座り心地もいい感じ。

お料理もかなりボリュームがありました。花咲蟹もひとり半身づつ付いていました。とはいっても、運転手さん蟹はまったく食べないし、私もほんのちょっとでよかったので、3人のお客様は大喜びでたくさん食べていました。みなさん花咲蟹は初めてなので、たらふく食べてもらえてよかったです。てんぷらや焼き魚は時間を少しずらして出してくれるので、熱々が食べられてとても美味しかったです。

menu.jpg

040923-262.jpg
お品書き

040923-267.jpg 040923-268.jpg 040923-269.jpg
先付、前菜 茶碗蒸しと漬物 煮物とサラダ


040923-264.jpg 040923-265.jpg
ホタテ、ぼたん海老の2点盛り ウニ、つぶの2点盛り

040923-263.jpg 040923-622.jpg
花咲蟹

040923-270.jpg 040923-272.jpg 040923-273.jpg
鶏つくね味噌煮 てんぷら やまべの霜降り焼き


040923-274.jpg 040923-278.jpg
鮭の親子ちらし ラフランスのシャーベット

ボリューム満点の夕食でお腹がかなりいっぱい。もう動けないって感じでした。(笑) 後はお部屋で寛ぐことにします。

そうそうこのお宿は、「しまふくろう」来ることでも有名で、ロビー横のカレンダーには毎日のその様子が記載されています。何時に来たとか、魚を1匹持っていったとか・・・。何時に来るかわらからない「しまふくろう」をみんなでちゃんと観察してるのがすごいですよね。従業員の人に聞いたところ、この最近は、3時とか4時とかに来ることが多いらしい。カレンダーを見てもそんな記載が多いようだ。「しまふくろう」に会いたいけど、ここでずっと待ってる訳にもいかないからなぁ〜。よしここは3時頃にヤマをかけて、今日は早めに休むことにしよう。などと考えながら部屋で寛いでいたのだけど、早々に眠り込んでしまった。

気がついたら、日付が変わっていた。(笑) とりあえず、お布団にちゃんと入って眠ることにした。3時過ぎに目が覚めた。とりあえずロビーに下りてみた。しばらく待ってみたけど「しまふくろう」は現れない。部屋にもどってもう一度寝た。5時にまた目が覚めた。なんだか目が覚めてしまったので、朝風呂に入ることにする。支度をしてロビーの降りた。そしてカレンダーをみて愕然とする・・・。なんと昨日は2回も「しまふくろう」が現れたいた。10:45と12:15頃らしい。が〜ん、そんな時間だったら、会えるチャンスは大きかったのに・・・。まっ、これも縁ですからね。またの機会に期待しましょう。(笑)


2日目おわり。


<< Index   << 1日目      3日目 >>   4日目 >>


HOME > 旅行記一覧へ 




SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO